財布を紛失した時の対処法クレジットカードから保険証まで

財布を紛失した時の対処法クレジットカードから保険証まで

財布を紛失したことに気づいた時って、絶望って感じですよね。

現金だけじゃなくキャッシュカード、クレジットカード、保険証、免許証など様々な大事なものが財布には入っていたと思います。

今このページを見ているあなたは、きっと財布を紛失して焦っていることと思います。

私も財布をなくしたことがあるので気持ちはよくわかります。

ただ、いくら焦ったところで財布は戻ってこないです。

ここは一旦落ち着いて、これから為すべきことを整理することが大事です。

では、これからやるべきことを見ていきましょう。

財布を紛失した場所を探してみる

まずは財布をどこで紛失したかを冷静に振り返り、その場所を探してみましょう。

記憶は曖昧なものです。

少しでも財布が見つかる可能性があるのならば、臆せず連絡しまくりましょう。

紛失した財布がないか自宅を探す

無意識のうちに自宅の思いがけない場所に財布を置いてしまうことは、よくあります。

まずは、自宅の中に財布がないか確認してみましょう。

紛失した財布がないか交通機関に問い合わせる

駅の改札付近に財布を置き忘れてしまっていることや、財布がポケットから座席に落ちてしまうことがたまにあります。

各交通機関に問い合わせてみましょう。

タクシーの場合は、領収書にタクシー会社名と電話番号が記されているので確認してください。

紛失した財布がないかお店に問い合わせる

買い物をした際に財布を置き忘れる。

トイレで用を足している際に財布が便器に落ちないように別の場所に置いて、そのまま忘れる。

以上も、よくあるケースです。

利用したお店には、片っ端から電話をしましょう。

財布を紛失したら遺失届を警察に出す

紛失したであろう場所を探しても財布が見つからなければ、警察署に行き遺失届を出しましょう。

警察に遺失届を出す理由は二つあります。

  • 財布が警察署に届いたときに連絡がくるようになります。
  • クレジットカード等が不正利用されたことの証明として警察の遺失届が必要になることがあります。

二つとも、とても大事なことですので必ず遺失届を出しましょう。

財布を紛失したらカード会社に連絡し利用をストップする

カード類をなくした場合はカード会社に連絡をし、利用をストップしてもらいましょう。

クレジットカードやキャッシュカードを紛失した場合は、カード会社のホームページからカード紛失時用の連絡先にアクセスしてください。

ガイダンスに従えば簡単に利用を停止することができます。

利用停止の際は、口座番号などの情報が必要になりますので、通帳などで事前に確認してください。

また、不正利用をされていないかも利用停止の際にご確認ください。

不正利用された場合、預金者保護法により利用された全ての金額が保証されます。

ただし、紛失してから30日以内に金融機関に通知をしないと保証されない可能性があります。

紛失が発覚したら、すぐに利用を停止しましょう。

また、カードの再発行は基本店舗での対応となりますが、三菱UFJ銀行等の一部はネットで発行が可能です。

店舗での対応の際は顔付きの身分証明書、印鑑が必要になるので、事前に用意しましょう。

財布を紛失したら保険証、免許証等を再発行する

免許証の再発行と保険証の再発行の手続きは大きく異なります。

保険証の再発行は、結構めんどうくさいです。

また、個人情報が不正利用される可能性があります。

不正利用を防止するために指定信用情報機関の本人申告制度を使いましょう。

詳しくはこちら

免許証の場合

免許証は運転免許試験場、運転免許センター、警察署で再発行することが可能です。

ただし、警察署では再発行に2週間程かかるので、すぐに免許証が必要な方は運転免許試験場、運転免許センターで再発行してください。

事前に必要なものは以下です。

  • 再発行料金:3,500円
  • 住所、氏名、生年月日を確認できるもの
  • 申請用写真
  • 印鑑

保険証の場合

無くされた人によって対応が大きく異なります。

あなたが、どのタイプに当てはまるかを確認して適切に対応しましょう。

自営業の方

自営業の方は、住まいの都道府県の市役所で手続きを行うことができます。

会社員の方

会社員の方は、会社の担当部署にて再発行の手続きを行います。

親の扶養や配偶者の扶養に入っている方

親の扶養や配偶者の扶養に入っている方は、ご自身ではなく親や配偶者に手続きをしてもらう必要があります。

詳しくはこちらから

まとめ

財布を紛失した時に、何よりも重要なことは落ち着いて行動することです。

まずは、無くしたであろう場所をあなた自身で探してみてください。

それでも見つからなかった場合は、警察に届けを出し、カード利用の停止等を迅速に行いましょう。

無くしたものが戻ってくる可能性は低いですが、今後の被害を防止することはできます。

是非あなたも、これから被害防止のための行動にとりかかりましょう。

生活カテゴリの最新記事