【韓国旅行】観光地、グルメを紹介!実際に訪れてみた感想は?

【韓国旅行】観光地、グルメを紹介!実際に訪れてみた感想は?

韓国はコスメやチーズタッカルビなどのグルメが魅力の観光地であり日本でも人気です。

また、日本から最も近い海外であり日本語もある程度通じることから海外旅行の中では比較的ハードルが低い旅行先ですよね。

女子大生は海外に行こうとすると、とりあえず韓国に行きます。

ここでは、私が実際に韓国旅行をした際に訪れた観光地や食べたグルメを紹介していきます。

韓国旅行をしようと思っている方は参考にしてみてください。

最近は韓国と日本の関係性が良くないです。
 外務省から注意勧告等は特にないので、旅行をする分には基本的には問題ないです。
 ただ万が一ということもあるので、韓国に行く際は十分気を付けましょう。

現在,危険情報や感染症危険情報は発出していませんが,北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります。
また,韓国については,別掲のとおりスポット情報が発出されています。
同情報や,安全対策基礎データ,在韓国日本国大使館/総領事館のホームページや報道等から常に最新の情報を入手し,安全対策に心がけてください。

引用元:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_003.html#ad-image-0

韓国旅行の観光地

韓国の原宿!明洞

明洞は日本でいう原宿や渋谷みたいな場所です。

韓国ファッションやグルメの最先端が集まる場なので韓国旅行には外せないスポットです。

いたる所に店がひしめき合っており、ショッピングやグルメ・食べ歩きなどが楽しめます。

お洒落な店や美味しい飲食店が死ぬほどありますので、とりあえず明洞に行けば韓国をある程度楽しめます。

眠らない街!東大門市場

韓国でショッピングをするのであれば、この東大門市場は外せません。

問屋市場と巨大ファッションビルが共存するファッションの街で、早朝から深夜までショッピングが楽しめます。

ショッピング好きの女子であれば、一日あっても回り切れないほど見どころが満載です。

弾丸旅行などの時間が限られている方は深夜も上手く活用すると韓国旅行がより満足いくものになるかと思います。

なので、ホテルは東大門近くにとると効率が良いです。

ただ夜中は危険も少なくないので、特に女性は一人では出歩かないようにしましょう。

韓国の歴史が感じられる!景福宮

景福宮は朝鮮王朝最初の王宮で、韓国有数の観光スポットです。

深夜にテレビでやっている韓国歴史ドラマの世界観を堪能できます。

訪れるのであれば、守門将交代式は是非見ておきましょう。

鮮やかな伝統衣装を着た守門将の儀式は、迫力があり圧巻です。

また、景福宮では韓服を着ていると入場料が無料になるので女性はチマチョゴリをレンタルして宮内を散策するのもおすすめです。

ただ景福宮はめちゃめちゃ広いので、しっかり観光したい方は歩きやすい服装をしていた方が良いです。

一本道が壮大で圧巻!光化門広場

光化門は、景福宮の正門として創建されたものです。

光化門に続く広大な広場には壮大な噴水があったり、美しい花々などが飾られていたり、イベントが行われていたり、と常に多くの人々で賑わっています。

景福宮に行く途中に通ることになると思うので、セットで楽しみましょう。

光化門に続く一本道は壮大で圧巻です。

インスタ映え間違いなし!北村韓屋村

韓国の伝統家屋「韓屋」が集まっている地区であり、その伝統的な家屋が織りなす景観は美しくインスタ映えします。

イメージとしては、日本でいう京都の伝統的な街並みに似ています。

近くにはお洒落なカフェや雑貨店なども多くあります。

美しい景観を堪能して疲れたら、カフェでお洒落な飲み物やデザートに舌鼓を打ちながら休憩するのがおすすめです。

女性であればチマチョゴリをレンタルして美しい景観をバックに写真を撮るのも良いと思います。

韓国のアメ横!南大門市場

南大門は、かつての首都であった漢陽の城郭の正門であったものです。

今あるのは、放火によって焼失したものが2013年に再建されたものです。

市場の真ん中に南大門が’でん!’と居を構えており、なかなか迫力があります。

門には守衛が立っており記念撮影を行うことが出来ます。

しかし南大門は、ただ門があるだけで写真を撮るくらいしかやることがないので、個人的には市場でショッピングや食べ歩きなどを楽しめば十分です。

南大門市場の3大グルメ通りである、うまいもん横丁・太刀魚横丁・カルグッス横丁は是非訪れておきたいスポットです。

トッポギなどの様々な韓国の伝統料理が楽しめます。

夜の散歩がおすすめ!清渓川

渓川は、ソウルで人気の散歩コースです。

観光に疲れたら渓川でのんびり散歩をしたり、川縁に座って屋台で買ってきた食べ物をつつきながら休憩するのがおすすめです。

都心部は夜になるとライトアップされて、とても幻想的です。

カップルであれば、夕食後に訪れてみると良いと思います。

韓国旅行のグルメ

夜更かし後の朝食に!お粥

韓国のお粥は、日本みたいにシンプルなものでは無く様々な具材が入っています。

具材は、アワビやエビなどの魚介が沢山入っています。

お粥は軽食といったイメージが強いですが、韓国のは優しい味であるものの、しっかりとボリューミーでした。

東大門で夜中までショッピングをした次の日の朝食として食べるのがおすすめです。

定番中の定番!チーズタッカルビ

日本でもだいぶ浸透してきていますが、やはり是非とも本場で食べたいのがチーズタッカルビです。

トッピングが自由に選べたり、アレンジメニューが豊富だったりと日本では味わえないチーズタッカルビを堪能できます。

チーズが重たく、かなりボリューミーですので他のグルメのことも考えて少なめに頼んだ方が良いです。

魚介好きにはたまらない!カンジャンケジャン

カンジャンケジャンは、生のワタリガニを醤油漬けにして熟成させた料理です。

醤油タレが染み込んだ濃厚な蟹の身は、まさに絶品です。

魚介好きであれば、一度は本場のカンジャンケジャンを食べておきたいところです。

焼肉を楽しむなら!サムギョプサル

韓国の本場の焼肉はやはり絶品です。

肉の旨味もさることながら、キムチや野菜と一緒に食べると油がしっかりあるはずなのにサッパリと食べれます。

是非厚みのあるジューシーな肉を鉄板でコンガリ焼いていただきましょう。

デザートに!かき氷

 

日本では、「ソルビン」が浸透しつつありますが韓国人はかき氷が大好きです。

韓国には様々なかき氷店があり色々な種類の味が楽しめます。

かき氷はボリューミーなものが多いので、2・3人でシェアしましょう。

まとめ

韓国には魅力的なスポットやグルメが数多くあります。

個人的には、観光をするというよりかはグルメやショッピングを楽しめる旅行先だと思います。

飛行機で2時間少しで行くことが出来国内旅行並みの手軽さなので、是非興味がある方は韓国に旅行してみてください。

※最近は日本と韓国の関係が良くないので、旅行の際は十分気を付けてください。
 逆に言えば、今はかなり安く韓国旅行に行くことができます。

旅行カテゴリの最新記事