居酒屋バイトはホールとキッチンどっちが良い?徹底比較!

居酒屋バイトはホールとキッチンどっちが良い?徹底比較!

居酒屋バイトは大学生が多くやっている人気のアルバイトですよね。

これから大学生になる方、アルバイトを新しく探している方で居酒屋バイトをやってみたい、と思っている方多いと思います。

ただ、居酒屋バイトにはホールとキッチンの2種類のバイトがあり、どっちがあなたに合うのか悩むこともあるかと思います。

「ホールは接客」、「キッチンは料理」などと漠然とイメージは出来るかと思いますが具体的に何をするのか、メリット・デメリットまでは分からないと思います。

そこで、今回は居酒屋バイトのホールとキッチンの特徴を居酒屋バイト経験者の私が紹介していきます。

これを見て、あなたがホールとキッチンどちらが合っているか、あるいはどちらをやってみたいか、の参考にしてみてください。

居酒屋バイトのホール、キッチンの仕事内容

居酒屋バイト:ホールの仕事内容

ホールの仕事は、接客が中心です。

仕事に慣れるまでは、基本的に先輩が教えてくれますので安心してください。

店舗内清掃

開店前、閉店後に店舗内の床や机を掃除します。

掃除機やお手拭きを使って清掃するだけですので誰でも出来ます。

宴会などの座席セッティング

宴会などの予約がある場合は、予約人数やコース料理などに合わせて座席をセッティングする必要があります。

鍋料理などがあれば、コンロを用意したりします。

営業中の入れ替えなどは、時間が決まっているので要領よく動く必要があります。

慣れるまでは少し大変かと思います。

お客さんへの席案内

来店したお客さんを座席に案内する仕事です。

忙しい日は予約で使う座席があったりするので、あらかじめどこの座席が使えるかを把握しておく必要があります。

意外と頭を使わないといけません。

お客さんのオーダーとり

お客さんの料理や飲み物の注文をハンディという機械でとる仕事です。

料理や飲み物の名前、ハンディの使い方を覚えないといけません。

慣れるまでは大変ですが単純作業ですので慣れればこっちのものです。

お客さんへの料理・飲み物の提供、片付け

食事・お酒の提供、空いた皿の片づけなどです。

これも単純作業なので簡単です。

ただ、飲み物の提供はこぼさないように気を付けましょう。

無理して沢山のグラスを運ばないほうが良いです。

私は一回、大量のグラスをお客さんにぶちまけたことがあります。

レジ打ちなどの会計作業

会計仕事全般です。

クレジットカードや領収書発行など覚えることが多いので大変です。

ただ、ある程度仕事に慣れてからじゃないと任されることはないので安心してください。

予約管理などの電話対応

予約などの電話に応対する仕事です。

丁寧な言葉使いを気を付ければ誰でも出来ます。

居酒屋バイト:キッチンの仕事内容

キッチンの仕事は料理や食器洗いが中心です。

接客はしないです。

新人は食器洗いが中心で慣れてきたら徐々に料理を担当することになります。

仕事に慣れるまでは、基本的に先輩が教えてくれますので安心してください。

ホールよりも覚えなければならないことは多いです。

食器洗い、片付け

使い終わった食器を洗い、元の場所に戻す仕事です。

食器の種類が多いので、最初は食器の場所を覚えるのに苦労します。

仕込み

キャベツの千切りや大根おろしなどの仕込み作業の仕事です。

包丁や専用の機械を使ったりするなど、慣れるまでは大変かと思います。

ただ単純に上手く切れたりすると楽しいです。

料理や盛り付け

店舗によりますが、から揚げなどの簡単な料理やサラダなどの盛り付けの仕事です。

大手チェーン店などは、ほとんどの料理をアルバイトが担当することになります。

最初は大変ですが料理が出来るようになってくると楽しいです。

刺身などを綺麗に盛り付けられるようになるとカッコいいですしね。

厨房の清掃

営業終了後の厨房内を掃除する仕事です。

流しやガス台、フライヤーは非常に汚れるので、掃除は単純に大変です。

ドリンク作り

ビールやチューハイなどを作る仕事です。

店舗によってはホールの仕事であることも多いです。

マニュアルがあるので覚えてしまえば楽勝です。

居酒屋ホールバイトのメリット・デメリット


アルバイト情報はこちら

居酒屋ホールバイトのメリット

色々なお客さんと会話ができる

接客業ですので、お客さんと会話をする場面も少なくないです。

色々な社会人の話を聞けるのは、なかなか面白いです。

また、仲良くなるとバイト終わりに飲みに連れて行ってくれたりすることもあります。

可愛い、カッコいいお客さんを見つけて会話をするのはホールバイトならではの楽しみです。

会話を楽しみたい場合は、チェーン店ではなく個人経営の店で働く方が良いです。

お酒が飲めるかも

お客さんがお酒を奢ってくれることがあります。

元気よく、愛想よく接客していると奢ってくれる可能性は高くなります。

可愛い女子大生が多い

完全に男子目線ですが、ホールバイトの女子大生は可愛い子が多いです。

接客業ですので、店側も多少採用の際に選ぶそうです。

出会いを求める男子学生にとっては、これほど魅力的なものはないでしょう。

居酒屋ホールバイトのデメリット

クレーム対応が大変

料理の提供が遅い、違った料理を提供してしまった時のクレーム対応は全てホールが担当することになります。

自分のミスでもないのにお客さんに謝らなければいけないのは、なかなか苦痛です。

また、変な客の対応も大変です。

豆腐メンタルですと、すぐにメンタルが崩壊すると思います。

クレーム対応の際は心を無にすることが大切です。

お客さんの前なので気が抜けない

キッチンと違い、常にお客さんから見える場所にいるので営業中は気を抜くことが出来ません。

ただでさえ歩き回る仕事なのに、常に立ち振る舞いに気を付けなければならないので結構大変です。

是非、お客さんから死角になるスポットを見つけておきましょう。

トイレ掃除が大変

居酒屋のトイレは酔っぱらっているせいもあるのか汚いことが多いです。

女子トイレはまだいいのですが、男子トイレは小便で汚れていることもたまにあります。

居酒屋キッチンバイトのメリット・デメリット


アルバイト情報はこちら

居酒屋キッチンバイトのメリット

料理が上手くなる

キッチンバイトの最大の魅力は、この料理が上手くなることです。

仕込みや料理を作るので、努力せずとも勝手に上手くなります。

私はバイトを始めた時は包丁をまともに握ったこともなかったですが、今ではバイトのまかないを作るまでに成長しました。

つまみ食いし放題かも!?

料理をお客さんに提供する際は、事前に味を確認する必要があるので必然的に料理をつまみ食いすることが出来ます。

緩い仕事場だと、料理をわざと多く作って残りをつまみ食いすることも可能です。

私の場合はから揚げやフライドポテトなどはつまみ食いし放題です。

一人暮らし大学生にとってはありがたいですね。

つまみ食いを狙うのであれば、大手チェーン店がおすすめです。

接客しなくていい

コミュニケーションが苦手な方にとっては、接客をしないのはとても魅力的でしょう。

また接客しなくてよいので、変な客やクレーム対応も当然しなくてよいことになります。

ホールと比べてストレスが溜まる機会は少ないです。

居酒屋キッチンバイトのデメリット

手をケガすることが多い

慣れない包丁や機械を使うことになるので、手をケガすることは少なくないです。

包丁でザクっと手を切ってしまうと、とても痛いです。

最初よりも、ある程度慣れてきたときに大抵ケガをするので気を付けましょう。

食器洗いが大変

食器洗いが予想以上に大変です。

特に忙しい時には、食器が死ぬほど溜まっていきます。

営業後の片づけが大変

ホールと違い営業後の厨房は油などで大変汚れています。

腰を入れて掃除をしないと汚れが落ちないので、非常に大変です。

まとめ

ホールとキッチンバイトは、それぞれに良いこと、悪いことがあります。

ホールであればお客さんとの会話を楽しむことが出来る反面、お客さんのクレーム対応などをしないといけません。

キッチンであれば料理が上手くなったり、つまみ食いが出来る反面、食器洗いや厨房の掃除が大変だったりします。

居酒屋バイトをしようと思っているあなたは、是非これらの特徴を踏まえてホール・キッチンどちらをやるか決めてみてください。

ちなみにアルバイトの応募をするのであれば、採用されるだけで最大1万円の祝い金が貰えるマッハバイトがおすすめです。

大学生カテゴリの最新記事