【ホイアン観光】都市全体が世界遺産!周り方、おすすめ観光地を紹介

【ホイアン観光】都市全体が世界遺産!周り方、おすすめ観光地を紹介

ベトナム旅行は最近人気になっていますよね。

物価も安いし、食べ物も美味しいし、アクセスも東南アジアということで比較的しやすいですし。

ベトナムの中でも特に人気の高い観光地がホイアンです。

ホイアンは都市全体が世界遺産に指定されています。

ホイアンの代名詞ともいえる「ランタン」が織りなす風景は、言葉にできないほど素晴らしいです。

今回は実際にホイアンに2週間滞在していた私が、ホイアンの周り方、おすすめの観光地を紹介していきます。

是非あなたのホイアン観光の参考にしてみてください。

ホイアンの周り方

自転車を借りよう

ホイアン観光に自転車は欠かせません。

歩いて廻るのも良いですが、効率よく色々な場所を観光したいのであれば自転車は必須です。

また真夏のホイアンは歩くだけで汗が止まらなくなるほど暑いです。

楽に観光するためにも自転車を借りましょう。

自転車はホイアン市内のホテルや、レンタル自転車屋で借りることができます。

相場は2万ドン(100円)です。

自転車を借りる際は、必ず壊れていないか確認をしましょう。

平気で壊れかけの自転車をレンタルに出していますので。

人力タクシー「シクロ」に乗ってみよう

シクロとは、日本でいう人力車みたいなもので、ベトナムの名物的存在です。

1時間でホイアンの街並みを散策できます。

いたる所にシクロが存在しますので、乗りたい場合は声をかけてみましょう。

大体の場合は、先に向こうから声をかけてきます。

基本的に値段を吹っ掛けられるので値段交渉をする必要があります。

相場は1時間で15万ドン(750円)です。

観光チケットを買おう

ホイアン観光をするには原則、入場券となる観光チケットを購入する必要があります。

このチケットはホイアンにある22の観光スポットのうち、5つを選んで入場ができるチケットのことです。

購入場所はホイアン市内の7か所に点在しています。

最も分かりやすいのは、日本橋のすぐ近くにあるチケット売り場です。

値段は12万ドン(600円)です。

観光スポットを入場する際に観光チケットを提示し、係員がチェックするのが基本ルールです。

ショッピングは値切り交渉を

ショッピングでは基本値段を吹っ掛けられます。

特に日本人観光客となると、お金を持っていると思われるため、より一層吹っ掛けられます。

妥当な値段で買い物をしたいと思うのは当然ですよね。

臆することなく値段交渉に臨みましょう。

ポイントは相手に申し訳なくなってしまうほどの金額を提示することです。

目安としては、相手が最初に提示してきた額の半値が相場です。

とは言ってもトラブルになってしまったら元も子もありませんので強気すぎる値段交渉は控えましょう。

ホイアンの観光地

ホイアン市場

ホイアン市場には、日用品や衣料品、生鮮食品など様々な品物が売られています。

早朝から多くの人で賑わっています。

特に路上では、獲れたての魚や肉が売られており、なかなかにグロテスクです。

また東南アジア独特の腐敗臭もプンプンするので、生理的に無理な方は生鮮食品付近に行くのは控えましょう。

観光客向けのお土産も大量に売っていますので、ここでまとめて買うのも良いと思います。

当然値段交渉が必要なので頑張りましょう。

屋内にはフードコートみたいに飲食できる店が沢山あります。

しかし、衛生面に問題がありそうな店もあるのでお腹の弱い方は特に注意しましょう。

クアダイビーチ

クアダイビーチはホイアンからタクシーで10分ほどで行くことができ、自転車でも行くことができ、アクセスが良いです。

海が美しいことや、カフェが多いのも特徴の一つです。

ホイアンは人が多いので観光疲れしてしまうこともあると思います。

そんな時は、グアダイビーチでゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

ナイトマーケット

ランタンの光に照らされるナイトマーケットは、いくつもの屋台が立ち並び、まるでお祭り騒ぎです。

昼間は何もなかった通りに、夜になると突然どこからともなく数々の屋台がやってきてナイトマーケットとなります。

これが毎日行われるのだから驚きです。

ナイトマーケットには、食べ物だけでなく雑貨や服など様々なものが売られています。

食べ歩きをしつつ、面白い服や雑貨を見つけて買うのが楽しみ方の一つです。

トゥボン川の灯篭流し

トゥボン川の灯篭流しは、ホイアンで有名な観光地の一つです。

川に流れる色とりどりの灯篭が作り出す風景は幻想的で、まるでジブリの世界に迷い込んでしまったかのような感覚を味わえます。

インスタ映えも間違いないので、是非夜になったら忘れずに訪れてください。

来遠橋(日本橋)

 

来遠橋はベトナムでも有数の観光スポットです。

ベトナム紙幣に印字されていることでも有名です。

来遠橋は別名日本橋と呼ばれているように、日本と密接な関係があり、ベトナムに渡った日本人が作った橋とされています。

夜にはライトアップがされ昼間とは違った風景を楽しめますので、是非昼、夜両方の時間帯に訪れてみてください。

福建會館(ふっけんかいかん)

福建會館は250年程前に建てられた建造物でホイアンの観光地の中で最も中華文化を感じられるスポットです。

建物内の天井から釣り下がった赤紫色の渦巻きや円錐形の線香が、とてもユニークです。

見学するには観光チケットが必要です。

ランタン祭り

ランタン祭りは毎月、満月になる旧暦の14日の夜に開催されるお祭りです。

ホイアンの夜は常時ランタンの灯りで幻想的な風景が作り出されていますが、ランタン祭りの日はそれ以上に幻想的です。

家々の灯りは全て消され、ランタンの灯りのみで町が照らし出されます。

通りでは、演劇や演舞などベトナム文化を堪能することが出来ます。

ただ、祭り当日は大変込み合います。

昼間の内にある程度ホイアンの地形を把握したうえでランタン祭りに臨むと、より祭りを満喫できると思います。

カフェ巡り

ホイアンにはおしゃれなカフェが沢山あります。

東南アジアならではの果物を使った100%生絞りのフルーツジュース、ベトナムコーヒーなどは絶品です。

水分補給や観光巡りの休憩にカフェ巡りをするのもホイアンの楽しみの一つです。

ホイアン観光の注意点

実は洪水がすごい

ホイアンは土地が低く水はけも悪いため、度々ひどい洪水に見舞われています。

特に雨季である9月下旬~11月にかけては洪水の可能性が高くなります。

ホイアン観光の予定を立てる際は雨季を避けるようにしましょう。

盗難には細心の注意を

ホイアンは世界的な観光都市で治安も良いですが、スリは多いです。

財布などの盗難に気を付けましょう。

特に人込みの多い所に行く際はカバンを前に抱えることや、ホテルに貴重品を置きっぱなしにしない、など旅行中は細心の注意を払いましょう。

食べ物の衛生面に注意を

屋台や市場の食べ物の中には衛生面的に危ないものもあります。

せっかくの旅行でお腹を壊して楽しめない、なんてことになったら残念ですので、気を付けましょう。

お腹が弱い方は胃薬等を持っていくと良いです。

まとめ

ホイアンでは、ホイアンならではの幻想的なランタン風景を楽しむことが出来る他に、市場や雑貨店等でベトナム文化を楽しむことも出来ます。

自転車を借りること、観光チケットを買うこと、窃盗や食事の衛生面を気を付けること、などを心がけて楽しいホイアン観光にしてください。

旅行カテゴリの最新記事