大学生が一人旅で訪れたいおすすめ観光地を紹介!

大学生が一人旅で訪れたいおすすめ観光地を紹介!

大学生になったら一人でどこか自分の知らない所へ旅をしよう、と思っている方多いのではないでしょうか。

私も大学の長期休みがある際は、必ず一人旅に出かけています。

一人旅ならではの魅力と言えば、友達のことを気に掛けることなく自分の思い通りに観光・散策ができることですよね。

ただ、いざ一人旅を始めようと思っても自分の思い通りだからこそ何処に行こうか迷う方も多いと思います。

そこで今回は私が実際に一人旅で訪れた中でおすすめしたい国内の観光地を紹介していきます。

大学生で一人旅をしようと考えている方は是非参考にしてみてください。

大学生が一人旅で訪れたいおすすめ観光地

綺麗な自然と景色でリフレッシュ:久高島(沖縄)

久高島は沖縄の離島で、神の島として名高い由緒ある島。

手つかずの自然が保存されており、海外沿いの景色や自然が織りなす情景は非常に綺麗です。

おすすめは、自転車をレンタルして島を一周してみること。
(自転車レンタルは一時間で300円です)

一時間もあれば島を一周することが可能です。

人はほとんどおらず自然を一人で独占できるので、とても気持ちいです。

散策するだけで忙しない日々の喧騒を忘れてリラックスすることが出来ます。

久高島へのアクセスは、フェリーのみとなっています。

アクセス:安座真港からフェリーで25分

詳しくはこちら

人生で一度は訪れておきたい:ひめゆりの塔(沖縄)

ひめゆり学徒隊の話は歴史の教科書で一度は見たことがあると思います。

是非一度は、ひめゆりの塔にある資料館で生存者の証言や遺品などを見ておきたいところです。

一般教養として、そして一人の日本人として戦争・平和について考えるのは大事なことだと思います。

修学旅行で訪れたことがある、といった方も是非もう一度行ってみて欲しいです。

一人でゆっくり見ると、また違った捉え方が出来ると思うので。

開館時間:9時~17時半

入館料:310円

アクセス:那覇から糸満市行のバスで約30分、さらに糸満市から82・107・108のバスで約15分、ひめゆりの塔前下車

詳しくはこちら

自然の力強さが感じられる:桜島(鹿児島)

鹿児島のシンボルでもある桜島は今でも噴煙を上げる世界的な活火山です。

展望台から観る桜島は荘厳で自然の力の凄まじさを感じられるとともに、自然が作り出す美しい風景を楽しむことが出来ます。

観光には乗り降り自由な周遊バスを使うと効率的に色々な場所を観光出来て良いです。
(一日乗車券は500円です)

アクセス:桜島フェリーで約20分

詳しくはこちら

神秘的な神社が魅力的:鵜戸神宮(宮崎)

海沿いの神秘的な神社で景色が最高です。

また、洞窟の中に本殿があるため雰囲気もすごく良いです。

神社に興味がなくても、雰囲気と景色の良さで十分楽しむことが出来ます。

開閉門時間

  • 4月~9月:6時~19時
  • 10月~3月:7時~18時

アクセス

  • 伊比井駅からバスで15分
  • 宮崎からバスで60分

詳しくはこちら

不思議な温泉が楽しめる:別府地獄めぐり(大分)

別府といえば温泉が有名ですよね。

別府地獄めぐりでは、様々な種類の温泉を見学することが出来ます。

ブルー色の温泉や赤色の温泉は幻想的で見ていて楽しいです。

また足湯は見学料さえ払えば自由に楽しむことが出来ます。

個人的には温泉卵は絶品だったので、外せないところです。

地獄めぐりにはシェアサイクルを利用するのをおすすめします。
(一日利用で2,000円です)

歩いて周るのも可能ですが大変疲れますので。

アクセス:亀川駅から自転車で15分

営業時間:8時~17時

料金:2,000円(7か所の地獄が見学可能)

詳しくはこちら

時代を動かした結社:亀山社中記念館(長崎)

亀山社中は、坂本龍馬によって設立された日本最初の商社で海運業を行っていたとされています。

大河ドラマの「龍馬伝」を観ていた方には馴染み深いと思います。

坂本龍馬に関する貴重品やレプリカが展示されています。

龍馬ファンや歴史マニアにとっては、たまらないでしょう。

アクセスする際は、坂道が多いので歩きやすい恰好で行くことをおすすめします。

アクセス:「新大工町」電停下車徒歩11分

営業時間:9:00~17:00

料金:310円

古代歴史のロマンが感じられる:吉野ヶ里歴史公園(佐賀)

吉野ヶ里公園は、歴史の教科書で何度も目にしたことであろう吉野ケ里遺跡の保存と活用を図るために作られた国営公園です。

竪穴住居や高床式倉庫などが広大な敷地に配されており、歴史のロマンが感じられます。

正直公園内を歩くだけでも、とても楽しいです。

敷地は大変広く、色々な設備をしっかり見学しようとすると大変時間がかかるので、園内を巡回する無料のマイクロバスを利用すると良いです。

歴史に興味がある方は大変楽しめると思います。

遺跡群を楽しみたいのであれば、東口から入場しましょう。

アクセス:吉野ケ里公園駅から徒歩15分

開館時間:9時~17時

料金:460円

詳しくはこちら

日本古来の侘びさびを感じる:栗林公園(香川)

栗林公園は国の特別名勝に指定されている庭園です。

栗林公園は他の庭園と違い人が少ないので、綺麗な植物や庭園をほとんど一人占めすることが可能です。

おすすめは日の出間際か日没間際のどちらかです。

どちらとも利用客が昼間よりも少ないですし、日と庭園が織りなす風景は幻想的で日本古来の侘びさびを感じることが出来ます。

アクセス:栗林駅から徒歩20分

開園時間:日の出から日没まで

入園料:410円

広大な鍾乳洞は必見:秋芳洞(山口)

秋芳洞は日本最大級の鍾乳洞で、暗い洞窟内で光を当てられた鍾乳石は非常に美しいです。

鍾乳石には様々な形をしたものがあり、これらが石灰分を含んだ雫から形作られてきたことを考えると大変感慨深いものがあります。

洞窟内は肌寒いので一枚羽織れる物を持っていくと良いです。

また、秋芳洞を訪れたついでに秋吉台にも行ってみるのがおすすめです。

秋吉台は日本最大のカルスト地形でハイキングをしながら、壮大な景色を見下ろすのは最高です。

アクセス:山口駅からバスで50分

開園時間:8時~17時

料金:1,300円

日本人の教養として訪れておきたい:平和記念公園(広島)

原爆ドームのことを日本人で知らない人はいないと思います。

ただ、実際に実物を見たことはない、という方もいると思います。

見たことが無い方は、一度学生のうちに訪れておきたいところです。

生で見ることで、戦争の凄惨さをより実感できます。

また、平和記念公園内にある資料館では実際に残された数々の品が展示されています。

唯一の被爆国である日本人として、戦争と平和について学生のうちに一度は真剣に考える機会を持っておきたいところです。

アクセス:原爆ドーム前駅からすぐ

西欧文化を日本で体験:北野異人館(兵庫)

北野異人館では、西欧の調度品などが展示されており西欧雰囲気を楽しめます。

また、建物や街並みも西欧風なので歩いているだけでも面白いです。

異人館街は坂道や狭い道路が多く、探検している感じで童心に戻れます。

ただ、結構坂道の勾配が強くて大変ですので歩きやすい恰好をした方が良いです。

近くにはお洒落なカフェが多くあるので、歩き疲れた際はお茶休憩をするのがおすすめです。

アクセス:三宮から徒歩で15分

雪の日に訪れたい:貴船神社(京都)

貴船神社は、貴船川沿いに参道が続く古社で縁結びスポットとしても有名です。

冬季には積雪時にのみ境内がライトアップされます。

このライトアップがとにかく綺麗です。

赤い灯篭と白い雪のコントラストが織りなす景色は圧巻です。

是非雪が降る冬に訪れたいところです。

アクセス:貴船口駅から京都バス貴船下車徒歩5分

参拝時間:6時~20時

延々と続く鳥居に圧巻:伏見稲荷大社(京都)

いくつにも鳥居が続く「千本鳥居」で有名なのが、この伏見稲荷大社。

写真では観たことある、という人も多いとは思いますが生で見るとその荘厳さに圧倒されます。

こんなに鳥居を建てるなんて凄い、と思った記憶があります。

頂上まで登るのは、軽い登山のようなもので結構大変なので動きやすい恰好で来るのをおすすめします。

アクセス:JR稲荷駅からすぐ

京都を感じられる:鴨川(京都)

京都に来たら外せないのが、この鴨川です。

一人で鴨川の川音を聞いて、物思いにふけながら散策するのがおすすめです。

特に、夜には鴨川沿いの店がライトアップをすることで作り出される情景がノスタルジックで心が安らぎます。

京都の観光地は人込みが多いので、観光疲れの際は是非訪れておきたいスポットです。

アクセス:河原町駅からすぐ

時代劇のような街並み:おかげ横丁(三重)

おかげ横丁では伊勢特有の建物様式の商家が軒を連ねており、まるで時代劇のセットのような空間です。

おかげ横丁ついでに、伊勢神宮に訪れるのが良いと思います。

可愛い雑貨屋やお洒落なカフェなど魅力的な店が沢山あるので、食べ歩きやショッピングとしても楽しめます。

伊勢の名物である、てこね寿司や伊勢うどん、赤福持は食べておきたいところです。

アクセス:伊勢市駅からバスで20分

日本国民として一度は訪れたい:靖国神社(東京)

靖国神社は、国家の為に殉職した人々の霊を祀っている神社です。

初めて訪れた際は、東京の都会にこんな大きな神社があるのか、と驚かされたものです。

大学生は社会人になる前に、今までの日本を作り上げてきた人々の霊を参拝するとともに、日本という国が今までどういう道程を歩んできたのかを知っておくのも良いと思います。

アクセス:九段下駅からすぐ

日本三景の一つ:松島(宮城)

天橋立、宮島に並んで日本三景に数えられる松島。

松島は宮島などと比べて観光客が少ないので、のんびりと観光を楽しめます。

松島の景色を存分に楽しむには、遊覧船に乗るのが良いです。

また、地元の海で採れるカキなどの新鮮な海鮮グルメは食べておきたいところです。

アクセス:仙台駅から電車で40分

【松島観光】松島の観光地、グルメを宮城県民が紹介!

夕暮れの景色は絶景:小樽運河(北海道)

小樽運河の夜景は幻想的で大変美しいです。

特に冬の夜に雪と赤レンガとライトアップが作り出す空間はとてもロマンチックです。

一人で訪れるのも良いですが出来れば恋人と一緒に観光したいところです。

一度一人で訪れておいて、後に恋人と来てエスコートするのも良いと思います。

アクセス:小樽駅から徒歩5分

自然の貴重な現象が楽しめる:雲海テラス(北海道)

標高1,088mのテラスから眼下に広がる雲海の壮大な景色を楽しむことが出来ます。

正直、雲海が織りなす景色は想像を絶するものがありました。

早朝に美味しい空気と日の光を浴びながら神秘的な景色を眺めるのは格別です。

ただ雲海を観られる確率は30%ほどだそうで、運次第です。

雲海テラスに行くにはゴンドラに乗る必要があります。
(ゴンドラ料金は往復で1,900円です)

また、ちょっとしたハイキングにもなるので歩きやすい恰好でいくことをおすすめします。

アクセス:札幌から車で2時間

幻想的な風景が楽しめる:青い池(北海道)

青い池は、過去にMacbookの壁紙になっていたことでも有名な池で非常に幻想的な風景が楽しめます。

見る地点が変わるだけで、全然違ったように見えるのが不思議で面白いです。

ただ、雨の日や雨が降って間もない時期だと池の水が濁って綺麗な青が見れないので注意です。

アクセス:美瑛駅から車で30分

まとめ:大学生は一人旅をしよう

一人旅では、友達とワイワイ観光をしないからこそ、観る景色・建造物などに純粋に心を打たれ感動をすることが出来ます。

上記では、私が今まで一人旅をしてきたなかでおすすめ出来る観光地を紹介してきました。

興味のある観光地がありましたら、早速訪れてみてください。

きっと、そこには日々の生活では決して出会えることのない素晴らしい景色や空間が広がっています。

是非あなたも、あなただけの素敵な一人旅を満喫してください。

旅行カテゴリの最新記事