大学生は貯金をする必要ある?具体的な方法も紹介

大学生は貯金をする必要ある?具体的な方法も紹介

大学生になるとアルバイトをして自分でお金を稼いだりするなど、お金を自ら管理するようになると思います。

お金の管理となると、真っ先に思いつくのが貯金ですよね。

大学生は欲しいもののため、あるいはお金が増えるのが楽しいから、といった理由で貯金を頑張っていたり。

逆に貯金をしたいけれども浪費癖があり、いつもお金に困っている。

など色々だと思います。

そこで今回は、

そもそも論として大学生は貯金をする必要性があるのか?

大学生が貯金をするには具体的に何をすれば良いのか?

について紹介していきます。

貯金をした方が良いのかどうかで悩んでいる学生、貯金を効率的にする方法を知りたい学生は参考にしてみてください。

大学生は貯金をするべきか?

目的のない貯金は無駄

何も考えず、お金が増えるのが楽しいから、といった目的のない貯金は無駄です。

万が一の時のために貯金しておきたい、と思う学生もいるかもしれませんが万が一なんて事は基本起こらないです。

仮に起こったとして、学生の微々たる貯金で対処できるものかは怪しいです。

それに社会人になればあっという間に貯金することが可能になります。

何となく不安といった理由で貯金のためにアルバイトを頑張るのは、時間の浪費と言っても過言ではありません。

思考停止でアルバイトを頑張っている時間は、本来であればあなたのやりたい事に費やせるはずだったものです。

なので、明確な目的が無いのであれば大学生は貯金する必要はなく、むしろやりたい事にお金をかけていきましょう。

大学生は貯金ではなく、自己投資をすべき

明確な目的がないなら貯金をするのではなく、むしろお金を使って自己投資をしていくべきです。

大学生の特権と言えば何と言っても社会人と違って自分の時間が沢山持てる、ということだと思います。

じゃんじゃん、あなたが経験してみたかったことにお金をかけていくべきです。

自己投資、と聞くと勉強したりセミナーに参加したりするイメージを持つ方もいるかもしれませんが、やることは正直何だって良いと思います。

キャンプや海外旅行をしたり、あるいはビジネスを始めてみたり、あなたが興味・関心のあることに挑戦すればそれは全部自己投資です。

お金を貯めるのではなく使って、大学生の貴重な時間を自分の経験・知識として還元していきましょう。

大学生が貯金するための具体的な方法

目的のない貯金は無駄と言ってきましたが免許費用のために貯金したい、など時には大学生にも貯金を頑張らなければならない時が必ず来ます。

そこで以下では、貯金を効率的にするための具体的な方法を紹介していきます。

貯金目標額から逆算して計画を立てる

貯金をするうえで最も大事なことは、目標額から逆算して計画を立てることです。

貯金目標額も貯金する期間も曖昧では、貯金は捗らないですしモチベーションも続かないと思います。

例えば、半年後の海外旅行のために6万円を貯金する必要があることが分かったとします。

そうであれば、単純に考えると1か月で1万円程度貯金を頑張れば良いということが分かりますよね。(実際は予定を考えて、もっと複雑にはなるとは思いますが)

何事も漠然としたイメージしか持っていないと、具体的な行動がとれないですよね。

タスクを明確化できれば自然と次に取らなければならない行動も分かってくるので、貯金が捗るようになります。

時給の良いアルバイトをする

当然のことではありますが、時給の高いアルバイトをしたほうが貯金は捗ります。

ただ、以外と自分のことを安売りしている大学生は少なくないです。

一度はじめて慣れた仕事なので今更バイトを変えるのが面倒くさい、という理由で時給の低いバイトを継続している学生は多いです。

私の周りの学生も意外とこういった人がいます。

求人を見れば、時期にもよりますが結構高時給でバイトを募集している企業も少なくないです。

効率的に貯金をしたいのであれば、思い切って時給の良いバイト先に変えるのも一つの手だと思います。

ネットからバイトの応募をするのであれば、マッハバイトがおすすめです。

バイトに採用されれば最大で1万円の祝い金がもらえるので。

食費などを抑えて節約する

貯金をするうえでは、やはり出費を抑えて節約をするのは欠かせないです。

コンビニ弁当を買わずに自炊してみたり、お菓子を買うのを我慢したりするだけでも結構な節約になったりします。

浪費していないかをチェックして出費を抑えましょう。

下記では大学生にも出来るおすすめな節約術をまとめているので、よかったら参考にしてみてください。

大学生のおすすめ節約術4選!月1万円は節約しよう!

クレジットカードを活用する

お金を沢山稼ぐことも大事ですが、やはり支出を抑えることも貯金においては大切になってきます。

節約と言えばお金を使わないようにする、と考える方が多いと思いますがお金を使いながら節約をすることも可能です。

それは、クレジットカードを活用することです。

月に5万円の出費があるとして、還元率1%のカードを使っていれば月で500円程お得になります。

たかだか500円程度でも、大学4年間で考えれば24,000円の節約。

また、クレカの使い方によってはよりお得になることも可能です。

大学生であっても手軽に無料でクレジットカードを作ることが可能なので、持っていない方は是非1枚は作っておくべきだと思います。

おすすめなクレジットカー等は以下の記事で紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。

大学生におすすめなクレジットカードと作り方を紹介

現金・クレジットカードを持たない

日々の生活で節約をする究極の方法は現金・クレジットカードを持ち歩かないことです。

手元に自由に出来るお金があると意外に使ってしまいがちになります。

特に友達といるときは、コンビニやファストフード店に入りがちだと思います。

こういった出費が結構な額になっていたりします。

現金等を持ち歩かないと不便じゃないか、と思う方もいるかもしれませんが学生であれば全く問題ないです。

お金が必要になるシーンは普段の大学生活ではほとんど無いので。

私も現金・クレカを持ち歩かなくなってからは、比較的お金に余裕が生まれるようになりました。

おまけ:お金について学ぶ

貯金に直接的に関わるわけではありませんが、時間のある大学生のうちにお金について学んでおいた方が良いです。

なぜなら、お金について無知だと損をすることになるから。

不思議なことに日本の学校ではお金について学ぶことは無いので、自分で学ぶ必要があります。

お金については、本やセミナーで手軽に学ぶことが出来ます。

本であれば、おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 (しごとのわ)が金融やお金のことを分かりやすく解説しているのでおすすめです。

また、セミナーであればお金の教養講座が無料で受けれますし評価も高いので行ってみるのもありだと思います。

お金について学ぶことが将来的に貯金を上手くするための手助けになるはずですので。

まとめ:なんとなく貯金するのはやめよう

特に意味もなく、何万円貯めよう、っていうのは正直もったいないです。

お金を頑張って貯めることによって失っている時間が多くあるわけであり、機会損失になっているからです。

大学生活で自己投資のためにお金を使うことが、あなたの経験・知識として還元されることで何倍ものリターンとして返ってくるはず。

是非今なんとなく貯金を続けている学生は、その貯金しているお金を使って今すぐに自己投資を始めましょう。

大学生カテゴリの最新記事