大学生は国民年金をどうすれば良いのか?無視は危険です

大学生は国民年金をどうすれば良いのか?無視は危険です

大学生でも20歳になると、国民年金への加入通知が家に送られてきます。

ただ、学生だと年金なんて遠い話のことだし面倒くさいから、といった理由で加入せずに放置してしまう人も少なくないです。

特に一人暮らしを始めた大学生は、通知の存在すら気づかずに放置してしまうこともあります。

実際私がそうでした。

しかし、国民年金への加入をせず放置しておくと万が一の時に保険が適用されないなど、非常に危険です。

そこで今回は、大学生の国民年金への対応方法を紹介していきます。

国民年金への対応方法が分からない大学生、20歳を過ぎているのに国民年金を未納している大学生は参考にしてみてください。

国民年金とは?:20歳以上の国民の義務

そもそも論として、年金について知らない学生も少なくないと思います。

ぶっちゃけ学校でしっかり教わる機会がほとんど無いので、知っている方が凄いくらいです。

国民年金と聞くと、老後にお金を受け取る、というイメージが強いと思いますが実際には他にも重要な保証機能を備えています。

国民年金は20~60歳の全国民に加入義務がある制度で老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金の3つの保証機能を備えた公的保証制度になります。

以下で詳しく見ていきましょう。

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、年を取った時に保障を受けられる制度で、基本的に65歳以降毎年年金を受け取ることが出来るようになります。

皆さんが年金をイメージして真っ先に思い浮かぶのが、この老齢基礎年金です。

障害基礎年金

障害基礎年金では、病気や怪我で障害が残ってしまった時に保障を受けられる制度です。

老齢基礎年金とは異なり、年齢に関係なく障害を発症してしまった時点から保障を受けることが出来ます。

遺族基礎年金

遺族基礎年金では、家族の働き手が亡くなってしまった時に保障を受けられる制度です。

これも障害基礎年金と同じで、年齢に関係なく働き手が亡くなった時点から保障を受けることが出来ます。

大学生の国民年金への対処法

上記で説明したように、大学生であろうと20歳を過ぎたら国民年金に加入する義務が生じます。

以下で大学生の国民年金への対応方法を見ていきましょう。

基本の手続き

20歳が近づいてくると、国民年金への加入通知が家に届きます。

加入通知の後日に届く国民年金保険料納付書で保険料を納める手続きをすればOKです。

保険料を納付するのであれば、口座振替が最もお得な方法になります。(納め漏れも防げます)

金融機関で手続きを行うことが可能です。

手続きを行う際は、基礎年金番号が分かるもの(納付書)・預金通帳orキャッシュカード・印鑑を持参する必要があるので気を付けましょう。

国民年金の保険料は月額で16,410円になります。(令和元年度)

学生納付特例制度を利用する

大学生は、仮にバイトをしていたとしても微々たる収入しかないので国民年金の保険料を納めるのが困難な場合も少なくありません。

そんな年金を納めるのが困難な学生のために学生納付特例制度というものがあります。

これは、在学中の学生に対して年金の納付を猶予する制度です。

学生納付特例制度を申請する場合は、学生証の写しと国民年金保険料学生納付特例申請書の提出が必要になります。

郵送もしくは市役所で申請が可能です。

また、学生納付特例制度の申請は毎年する必要があります。

次年度からは、学生納付特例申請の案内がハガキにて送られてくるので忘れずに対応しましょう。

他にも学生納付特例制度を利用する場合には以下のことに注意する必要があります。

  • 納付が猶予されるだけであって免除ではないので、追納しないと将来の老齢基礎年金額が減る
  • 追納は10年以内であれば可能。3年度目以降は加算額が上乗せされる
  • 給与収入の額によっては特例を受けられない場合がある
    (118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等)

親に払ってもらうのも一つの手

国民年金の保険料を親に払ってもらうのも一つの手です。

家族の保険料を負担した場合には、その金額が社会保険料控除となり節税効果が期待できます。

具体的には、年金保険料が年間で20万程度で所得税が住民税と同じ10%と低く見積もっても4万円程度の節税が期待できます。

家族単位で考えればお得になるので、学生のうちは親にお願いして年金保険料を払ってもらうのもありです。

親が払う際は、必ず親名義の口座等で支払いましょう。

でないと、控除対象にならず節税にはならないので。

国民年金への保険料未納が危険な理由

保険料が未納である場合は、年金を受け取ることが出来なくなります。

国民年金では、上記で説明したように病気や怪我で障害が残った時に保障が受けられる障害基礎年金が含まれています。

万が一障害が残ってしまった時に年金が未納の場合には、障害年金を受け取ることが出来なくなる可能性が出てきます。

障害年金を受け取ることが出来ないと、その後の生活が大変になりかねません。

年金納付が困難な学生は、必ず学生納付特例を申請しておきましょう。

また、未納してしまっている、という方は今すぐに学生納付特例制度を申請しましょう。

過去2年間であれば、さかのぼって学生納付特例制度を申請することが可能です。

年金事務所に問い合わせれば、丁寧に今後取るべき対応を説明してくれます。

まとめ:大学生は年金を無視してはダメ

20歳を迎える大学生には、必国民年金加入通知が届くことになるので必ず適切な対応を取りましょう。

特に一人暮らしをしている大学生は通知を見落としがちで未納してしまう可能性も少なくありません。

未納状態が続くと、老齢基礎年金が減額されるだけでなく最悪、障害基礎年金が受け取れない可能性も出てきます。

必ず国民年金の保険料を納付する、あるいは学生納付特例制度を申請して未来のリスクに備えましょう。

大学生カテゴリの最新記事